子どもの本を読む試み いきがぽーんとさけた
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>



日本の昔話 5 より 『西の狩人と東の狩人』
むかし、土佐の国の、西と東に狩りの名人がいました。

ある日、西の狩りの名人が、東の狩りの名人を訪ねていき、狩りに誘いました。東の狩りの名人は早速誘いに乗りました。そして、いつも泊まる寝床である岩屋に泊りました。

東の狩人は西の狩人に、遠くからやってきたのだからさぞ疲れただろうといって、西の狩人を先に寝かせました。西の狩人は寝たふりをして様子を見ていました。

東の狩人は、火にあたりながら、たばこを吸っています。そのうち岩屋の入り口に、女の帯のようなものがするするとおりてきます。東の狩人は、たばこの煙を、岩屋のふちに吐き出すと、長いものはあがっていきました。

長い帯のようなものは、あがったり下りたりを繰り返します。やがて夜明けが近づいて、長い帯のようなものはおりてこなくなりました。

まもなく、東の狩人が西の狩人を起こし、真夜中に何やら奇妙なものが岩屋の入り口に下りてきたが、あれは何だと尋ねましたが、東の狩人は答えませんでした。

ふたりは一日獲物を追いました。ふたりとも名人だけあって、たくさんの獲物をしとめました。西の狩人は、もう帰らなければならないといいました。そして来年の十二月の中ごろにまた来ると約束をし帰っていきました。



さて、次の年の十二月になりました。東の狩人は約束の日が近づいたので、ひとりで山に入り岩屋で待ちました。西の狩人は二日遅れていきましたが、東の狩人はいませんでした。

あたりを探し回ったところ、岩屋の奥からかすかに人の声がします。耳を澄ますと声はこういっています。

「西の名人よ遅かったな。おれは大蛇に飲まれてしまった。おれの仇を討ってくれ。この岩屋から一町(約100m)ほど下ると別の岩屋がある。大蛇はそこにいるから俺がおういといったら、岩屋の中に一発ぶち込んでくれ」

西の狩人はいわれた通りに下の岩屋に行って鉄砲に弾を込めて待ち構えました。そして「おうい」という声がしたのでずどんと一発岩屋に打ち込みました。

山が割れるような音がして何か大きなものが谷へ転がり落ちていきました。

西の狩人が後を追うと谷底には大きな大蛇が死んでいます。西の狩人は仇を打ち終わると、さっき鉄砲を撃った岩屋に戻りました。

すると岩谷の中からひそひそ声が聞こえてきます。死んだ大蛇の声のようです。

「わたしは西の狩人に命をとられた。おまえたち子ども二人でかたきを討ってくれ。まず巡礼に化けて、大みそかの晩に西の狩人の家にいき、『宿を貸してくれ』といって泊まり、すきを見て仇を討つのだ」と子供に言い聞かせているところでした。

西の狩人は急いで山を下り、東の狩人の家により、東の狩人の女房にありのままを伝え、自分の家に帰りました。



さて大晦日になりました。西の狩人は女房子供を親の里に逃がし、それから家の周りに干し草を積み、戸は全部釘付けにし、入り口だけを開けて待っていました。

日が暮れると、ふたり連れの巡礼がやってきました。巡礼は「旅の者ですが、暗くなって先へ行くことができません。今夜は大晦日なので、どこへ行っても泊めてもらえません。どうか、ひと晩泊めてください」と宿をたのむと、西の狩人は二人を中へ入れました。

囲炉裏に薪をくべて、どんどん火をおこし、ごちそうを食べさせ、よもやま話をしていると、夜も次第に更けてまいりました。そこで西の狩人は二人を寝かせました。

ふたりは寝床で何かひそひそ話をしています。西の狩人がわざと二人に聞こえるように「夜遅くなって寒くなるかもしれん。たきぎをとってこよう」と独り言をいうと家を出ました。外へ出るとすぐに入り口を釘付けにして、家の周りの干し草に火を放ちました。火はたちまち広がって大火事になりました。

村の人が集まってきて火を消そうとします。しかし西の狩人は、考えがあるから消さないでくれとたのみました。家はみるみるうちに丸焼けになりました。

西の狩人は村人にわけを話すために寝床の辺りの灰をかき分けました。そこには大蛇の骨が二つ並んで残っていたということです、と物語は結ばれます。



illust3786-c



正直言ってこの物語よくわかりませんでした。お話し序盤、東の狩人が岩屋の入り口を上り下りする女の帯のようなものとは大蛇の化身なのでしょうか。

果たして大蛇とするなら大蛇と東の狩人との関係はいかに。そこの辺りのことが書かれていません。とりあえず物語のアウトラインを記すことだけにとどめます。



JUGEMテーマ:昔話






18:15 : 日本の昔話 5 冬 : comments(0) : trackbacks(0) : かがりん :
日本の昔話 5 より 『猫と鉄びんのふた』 化け猫のお話し
むかし、ある村に、古くから名の知れた旧家がありました。この家には三代の主人にかわいがられてきた年寄りの三毛猫がいました。

今の主人は、狩りが好きで、村から谷を七つ、山を八つも超えた遠くの山までよく出かけて、鹿狩りや猪狩りをしました。



ある晩遅く、主人は、一人で囲炉裏端に座り、あした鹿狩りに使う、矢の矢じりを研いでいました。

するといつの間に来たのか、三毛猫がそばにうずくまり、矢を研ぐのにじっと見ていました。そして矢を一本研ぎ終わるたびに、こっくりとうなずきました。

「おかしな猫だな」主人はそう思いながら矢を十二本研ぎ終わりました。「さあ、これで全部済んだ」主人がそう言うと、猫はのっそりと土間に下り、外へ出ていきました。

猫が出ていくと、主人はもう一本隠し矢を取り出して、研ぎ澄まし、それを十二本の矢と一緒に矢袋におさめました。



次の朝、主人はまだ夜の明けきらないうちに、ただ一人で家を出て山奥へ狩りに出かけました。しかしその日はどうしたわけか一匹の獲物にも出会いません。とうとう日が暮れてきたので山小屋に泊まることにしました。

ところが夜中に小屋の戸をどんどんどんどんたたく音で目が覚めました。戸を開けると、長年、自分の家で雇っているばあさんが立っています。

「なんだ、ばあさんか。今頃何の用だ」主人は尋ねました。ばあさんは「奥さまが夕方からひどい熱でお苦しみじゃ。奥さまの言いつけで旦那様を迎えに来た」といいました。

「そうか、ご苦労だったな。ではこれからすぐ帰ることにしよう」主人はそう言って山小屋を出ましたが、どうも腑に落ちません。この真夜中にばあさんひとりでこんな山奥に来るなんて…。

そこで主人はばあさんに「おまえ、わしの前を歩いてくれ」といいました。するとばあさんは「いえいえ旦那さまが先に」というではないですか。それでも主人は嫌がるばあさんを先に歩かせました。



道々主人は、何かおかしい、「これは何者かがばあさんに化けて、わしの命を狙っているに違いない」と思いました。そこで思い切ってばあさんの後ろから矢を射かけてみました。

矢はばあさんにあたりましたがカァーンと音を立てて跳ね返されてしまいました。主人は矢を次々に放ちました。そして十二本の矢が跳ね返されたとき、ばあさんは大きな三毛猫の化けものになって主人に襲い掛かってきます。

主人は素早く身をかわし、隠し矢を取り出すと化け猫の心臓めがけて矢を放ちました。「ぎゃあっ」化け猫はすさまじい叫び声をあげて、闇の中に姿を消しました。主人があたりの草むらを見渡すと、古びた鉄瓶の蓋がひとつ転がっていました。

主人は「なるほど、化け猫め、この鉄瓶の蓋で矢を受け止めていたのか」といまさらながら驚きました。そして化け猫の息の根を止めなくては安心できないと思って、血の跡をたどって山を下りました。

血の跡は点々と続き、自分の家の門を入って行きます。なおもたどっていくと、血の跡は裏の縁の下に続いていました。

そこをのぞいてみると何と人の骨が山と積まれ、そのうえで長年飼っていた年寄りの三毛猫が、矢に胸を射抜かれて死んでいました。

このことがあってから「猫は三代飼わぬもの」といわれるようになったとさ、と物語は結ばれます。



illust3786-c



猫はペットとしておなじみですが、猫を異界の存在とする物語は洋の東西を問わずあります。化け猫は日本の妖怪の一種ですね。不思議と同じくペットでおなじみの犬に関しては、そのような物語は見かけません。

物語の形式は言い伝えというか伝説になるのでしょうか



JUGEMテーマ:昔話






19:41 : 日本の昔話 5 冬 : comments(0) : trackbacks(0) : かがりん :
■ホーム ▲ページトップ