子どもの本を読む試み いきがぽーんとさけた
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>



<< 日本の昔話 5 より 『天狗の太郎坊』 日本昔話をにぎわす異界の両義的な存在 | ホーム | 次
日本の昔話 5 より 『けちくらべ』競っても仕方のないもの
むかし、あるところに、ふたりのけちんぼの男がいました。ひとりは太郎どん、ひとりは次郎どんといいました。ふたりは隣り合わせに住んでいました。



ある日ふたりはどちらがけちんぼか、けちくらべをしてみようということになりました。

まず次郎どんが、「おまえの飯のおかずは何だ」と聞きました。すると太郎どんは「おれはいつも梅干しで飯を食う」といいました。すると次郎どんはすかさず「俺は醤油で飯を食う」といいました。

太郎どんは「梅干しをじっと見て口の中を酸っぱくして、三日飯を食い、それから梅干を少しずつかじり、七日飯を食うのだ」と自慢しました。

ところが次郎どんは「おれは醤油を箸の先につけてそれをなめて飯を食い、なめては飯を食うので、よだれが醤油に交じって減らないので、いつまでも食べられる」といいました。

このけちくらべは次郎どんの勝ちでした。



太郎どんは家に帰ると悔しくて子どもに「次郎どんに金づちを借りてこい」といいつけました。次郎どんは金づちの頭が減ってしまうからと貸しませんでした。

太郎どんは隣に聞こえる大きな声で「金づちをかさないとは次郎どんのけちんぼめ、それならうちの金づちを出して使うか」といいました。家にあるのにわざわざ人のうちに借りに来るとは何てけちだということになり、今度は太郎どんの勝ちです。



しばらくすると今度は次郎どんが太郎どんの家にきて「おれのうちにきて火にあたりに来ないか、とってもあたたまるぞ」といって帰りました。

太郎どんが次郎どんの家に行ってみると、どこにも火の気がありません。それどころか家の中は暗く、次郎どんも出てきませんでした。太郎どんは次郎どんに声を掛けました。

すると奥の部屋から「太郎どん太郎どん、おれの火はこの部屋にある。入ってこい」というではないですか。太郎どんは部屋に入ってみると、次郎どんは汗をかいてふうふう言っています。

太郎どんは「次郎どん何がそんなにあったかいんだ」と尋ねました。すると次郎どんは「おれの上を見てみろ」といいました。太郎どんが次郎どんの頭の上を見てみると、大きな石が腐りかかった縄にぶら下げてありました。

次郎どんは「あの石が落ちればおれはぺしゃんこだ。そう思うと気がはって、体があたたかくなるのだ。これが俺の火さ」といいました。太郎どんは次郎どんのけちぶりに負けました。



それから二、三日して、次郎どんの家が火事になりました。太郎どんは火事場に飛んで行って、「次郎どん飯を炊くから火をちょっとくれ」といいました。

次郎どんはかんかんになって「これはおれの火事だ。誰にも火をくれてやるものか」と怒りました。

すると負けずに太郎どんも怒って、「おまえくらいけちな奴はいない。そんならおれのうちが火事になったって火の粉もやらないから見てろ」というなり自分の家に火をつけました。

これでけちくらべも終わりになってしまったということです、と物語は結ばれます。



illust3786-c



けちくらべとはナンセンスですね。笑い話です。けちは日本の昔話では、ある意味悪徳です。悪徳を競うとはおかしな話ですね。そんなふたりは自然と不幸に見舞われます。



JUGEMテーマ:昔話






18:25 : 日本の昔話 5 冬 : comments(0) : trackbacks(0) : かがりん :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
■ホーム ▲ページトップ