子どもの本を読む試み いきがぽーんとさけた
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>



<< 『古事記』 [上の巻] リンク | ホーム | 『古事記』 [中の巻] 02 続・神倭伊波礼毘古命の東征、八咫烏(やたがらす)の導き >>
『古事記』 [中の巻] 01 神倭伊波礼毘古命(神武天皇)の東征
玉依毘売命(タマヨリビメノミコト、前節で登場)を母とする神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト、神武天皇)と五瀬命(イツセノミコト)の兄弟は、高千穂の宮殿で相談します。

弟のカムヤマトイワレビコノミコトが、「一体どこに住めば、平和に天下を治めることができるのでしょうか。東に行ってみませんか。」と提案すると、二神は早速、日向(九州南部)を発ちました。



筑紫の国(九州北部)へ向かう途中、豊国の宇沙(大分県宇佐市)で、土着の人である宇沙都比古(ウサツヒコ)と宇沙都比売(ウサツヒメ)の二人が、足一騰宮(あしひとつあがりのみや、(どのような構造の建物か詳細は不明))を造って二神をもてなします。

やがて二神は筑紫の国の岡田(福岡県芦屋町の遠賀川河口付近?)の宮殿に着くと、そこに一年ほど留まります。その後、阿岐国の多祁理(たけり、広島県府中市付近?)の宮殿に七年、また吉備(岡山県と広島県東部)の高島(児島半島に高島という地名あり)の宮殿に八年留まります。



そこから二神は、また東へ向かいます。その途中、速吸門(はやすいのと、明石海峡?)という潮の流れが早いところで、船の代わりに亀の甲にまたがり、釣りをしながら鳥が羽ばたくように左右の手を振って、こちらに進んでくる人に出会います。

彼は国つ神で、海の道に詳しいと聞き、カムヤマトイワレビコノミコトは、彼に、供につかないかと問うと、仕えましょうというので、彼に槁根津日子(サオネツヒコ)という名を与えました。彼は倭国造(ヤマトノクニミヤツコ、奈良盆地東部の豪族)の祖です。



こうしてさらに東へと向かい、やがて船は浪速之渡(なみはやのわたり、大阪湾沿岸)を経て青雲の白肩津(しらかたのつ、大阪湾沿岸の地のどこか)で船を泊めます。

この時、登美能那賀須泥毘古(トミノナガスネビコ、登美毘古(トミビコ))が軍を興して待ち構えていたので、戦いになります。

そこで一行は船に用意してあった盾を取り、岸辺に降りて防ぎました。そこで、この土地を楯津(たてづ)といいます。



さて、登美毘古と戦った時、兄のイツセノミコトは、その手に矢を受けてしまいました。彼はいいます。

「我々は日の神の御子なのに太陽に向かって戦ったから(つまり太陽の登る東に向かって戦ったから)、いやしいやつに痛手を負わされてしまったのだ。次は回り込んで背に日を負って敵を打とう」

そして今度は、進路を南に取り、回り込んで、後ろから敵を攻める策に出ました。そしてそこらはイツセノミコトの傷ついた手の血を洗い落としたので血沼海(ちぬのうみ、大阪府南部に面した海)といいます。

さらに南下して紀国(和歌山県、三重県南部)の男之水門(おのみなと、大阪府泉南市男里?、古くは紀国に属していた)に着くとイツセノミコトは無念を叫んで死んでしまいます。イツセノミコトの御墓は紀国の竈山(かまどやま、和歌山市和田)にあります。



兄をなくしたカムヤマトイワレビコノミコトですが悲しむ間もなく紀国を回りこんで、やがて東へ進みます。そして熊野村(和歌山県新宮市付近?)につきました。

すると不思議なことが起こります。そこでは大熊が見えたり隠れたりして、そのうち見えなくなったりしました。この熊は熊野山に住む威力ある神で、その毒気にあたってカムヤマトイワレビコノミコトは急に体調を崩し床に臥せってしまいます。それだけではありません。従う兵士さえ、皆具合を悪くして寝込んでしまいました。

ところがこの時熊野の高倉下(タカクラジ)という名の者が、ひと振りの剣を持って現れ、その剣をカムヤマトイワレビコノミコトのもとに捧げました。

するとカムヤマトイワレビコノミコトは、じき正気づき、起き上がります。そしてこの剣を受け取ると、何もしないのに、熊野山の威力ある神をなぎ倒してしまいました。連れの兵士も起き上がります。

不思議な力を持った剣なので、カムヤマトイワレビコノミコトはタカクラジに、どういう経緯でこの剣を手に入れたのかを聞きました。すると次のように答えます。

「私は不思議な夢を見ました。天照大御神(アマテラスオオミカミ)と高産巣日神(タカミムスヒノカミ、[上の巻] 01 天地のはじめを参照)の二神が、建御雷神(タケミカヅチノカミ、[上の巻] 03 神生み[上の巻] 16 国譲りを参照)をお呼びになって『葦原中国(あしはらのなかつくに)はとても騒がしい、そもそもおまえが、以前平定した国なのだから、今度も降って欲しい』と言いました。するとタケミカヅチノカミは答えて『私が降るまでのことはありません。以前この国を平定した剣があります。その剣を下ろすべきでしょう。この剣を私の代わりに地上に降ろしましょう。ひとつタカクラジの住む倉に穴を開けて、そこから落としてやりましょう』こう言うと今度は私に向かって『タカクラジよ、おまえが朝になって目を覚ましたら、めでたい剣が手に入っているだろうから、それを持ってカムヤマトイワレビコノミコトにさし上げるといい』このように夢は教えるのです。朝になって倉をみると案の定、剣があったので早速お持ちしたのです」

カムヤマトイワレビコノミコトの東征はまだ終わりません。次回に続きます。





JUGEMテーマ:古典文学


18:34 : 『古事記』 [中の巻] : comments(0) : trackbacks(0) : かがりん :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://palimpsest.jugem.jp/trackback/500
トラックバック
■ホーム ▲ページトップ